まちづくり憲章|八王子市の戸建・宅地|【公式】八王子みなみ野シティ 結びのまち|JR横浜線「八王子みなみ野」駅より徒歩13分

MENU

八王子市の戸建・宅地|【公式】八王子みなみ野シティ 結びのまち トップ > まちづくり憲章

image

「結びのまち」では、
まちづくり憲章を掲げています。

「結びのまち」を実現するために、共に生活を営むまちの住民が
お互いを思いやり、日々を大切に暮らしていきます。
その指針であり、目標としてまちづくり憲章を定めました。

「結びのまち」が、
生まれるまでのストーリー。

住宅生産振興財団やハウスメーカー1 0 社から始まり、
多くのプロフェッショナルが関わることで具体化していった、「結びのまち」のアウトライン。
プロジェクトスタートからの物語を、各関係者に語ってもらいました。

(左手から)パナソニック ホームズ株式会社/粂田 和伸、ミサワホーム株式会社/横田 滋、コミュニティデザイン/浅川 潔、路地広場空間設計室/髙澤 静明、
プレイスメイキング研究所/温井 達也、株式会社ミサワホーム総合研究所/加藤 聖、住宅生産振興財団/中臺 辰雄

  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3

Vol.1

八王子みなみ野シティの集大成になる、
大切なプロジェクト。

「八王子みなみ野シティ 結びのまち(以下、結びのまち)」は、八王子みなみ野シティに最後に残された大型の土地が舞台です。八王子みなみ野シティ全体で長きにわたって美しい街並をつくり上げてきましたが、その集大成ともいえるプロジェクトではないでしょうか。だからこそ、我々としては「後世に残すようなまちづくりをやっていこう!」という意気込みでスタートしました。
そんな大切なプロジェクトを「実際どのような計画にしていくのか?」と参加メンバーでアイデアを持ち寄り議論していく中で、「近隣に古い住宅が多い」、「入居者が高齢化している」という地域の課題が見えてきました。だとしたら「地域内で自然と世帯が循環するような方向性」があるのかなと。
漠然と進むべき道が見えてくると、ミサワ総研の加藤さんが郊外住宅地の近居や住み替えについての研究をされていますので、ぜひご協力いただこうということになりました。そうして「八王子みなみ野シティや周辺地域に住んでいる方が、住み替えたくなるまち」を目指そうという大きな方向性が固まりました。
八王子市全体が徐々に高齢化していっているという現状を考えると、人が循環していかなくては街が衰退してしていってしまう。事業主全体がそんな危機感を持っていましたよね。かといって、単に若い人の需要を単純に獲得していくというのも難しい課題だとも認識していました。
そうですね。八王子市の東南部地域の現状と課題の調査では、みなみ野地区の結果を見てみると「学生が多い街なので、住民同士のつながりが希薄だ」「コミュニティが衰退している」という住民の不満や地域の課題が改めて浮き彫りになってきました。そうした様々な課題に向き合い、解決していくために「色んな人々が自然とつながる仕組みやアイデアが大切で、住まいを循環させたり、世代を超えて若い人から高齢の方まで多世代がともに暮らせないだろうか。」そんな風に考えました。そこから最終的なコンセプトにつながる「多世代MIX」というキーワードにたどり着きました。

人や団体、企業、専門学校がつながることで、
プロジェクトは具体化していく。

「多世代MIX」というキーワードをより具体的にしていくために、まずは八王子みなみ野シティを知るために街歩きをしました。たくさん歩き回る中で、地域の魅力と課題を色々と発見しました。例えば魅力のひとつが、「結びのまち」計画地北側に位置する小比企町の農地です。約30haくらいの農地が広がっているのですが、計画地からは歩いてわずか4、5分。この農地と将来の住民とつながることができたら、魅力的な暮らしを提供できるんじゃないかと直感的に思い至りました。一方で課題も見つかりました。八王子みなみ野シティ周辺には過去にデベロッパーさんが開発した古い街が点在しているのですが、そういったエリアを歩いていると高齢の方が多いというのは感じました。それなのに坂も多くて、歳を重ねてからは住みにくいのかなという印象も持ちましたね。ですので、30年後の「結びのまち」を想像しながら、同じような課題を抱えないようにするにはどうすればいいだろう。そんなことを考えながら街歩きをしていました。
そうして見つけた魅力や課題を踏まえて、関係団体や八王子市へ相談を持ちかけたのが次のステップでした。皆さんに今回の計画・コンセプトをお話すると「協力するよ!」と前向きなお返事をいただいたり、急に連絡したにも関わらず「ぜひお会いしてお話を聞かせて欲しい!」という好意的なお返事を数多くいただきました。そうしてつながった人や団体、企業をひとつひとつつないでいくことで、ゆっくりですがプロジェクトが実現に向けて成長していったと思います。

「結びのまち」を
ひとつの分譲地で終わらせない、
その社会的な意義とは。

私たちプレイスメイキング研究所は住宅地管理に関するコンサルタント会社ですので、開発・分譲が終わり、実際の暮らしが始まってから街をお預かりする立場です。だからこそ「この分譲地が古くなったらどうなるんだろう?」というのは常々考えていたことでした。もちろん月日が経つことで、植栽が大きく立派に育ったり、家がメンテナンスされながら味わいを増していったり、コミュニティが生まれたり。そういった経緯をつぶさに見てきたわけですが、一般的な分譲地と「結びのまち」が大きく異なるのは、その「経年変化」を予めまちづくり全体のコンセプトに組み込んでいることだと思います。もちろん住宅生産振興財団(以下、財団)のプロジェクトではいつも「経年変化」を見据えてはいるのですが、今回はそこを主軸において「つくる段階から育てることを見越している」、「育ったときのことを住民のために先に調べている」というのは新しい取り組みであるとともに、社会的にも意義深い取り組みであると感じています。
これまでミサワホームとしても財団のプロジェクトを各地で分譲してきましたが、本当にそれの集大成という印象があります。「結びのまち」では代表幹事を務めさせていただいていますが、「この街がいつまでも美しく、年月を経るごとにさらに良くなってほしい」、「住んでいる方がいつまでも心地よく住み続けて欲しい」というのが一番の願いです。そのために、高澤さんや浅川さん、温井さんといったまちづくりや住宅地マネジメントのエキスパートの方々にもお力添えいただいて魅力的な街づくりを目指しています。
不動産価値というと、建物は減価償却してしまうので、土地よりも価値が落ちてしまいます。ただ、それだけではなくて例えば「売りに出るとすぐに次の入居者が決まる」など、そういった価値基準もあって良いのではないでしょうか。
たしかにその通りで、私は「まちの価値」というのは2つあると思っています。1つが、ソフトサービスによって資産価値が落ちにくいこと。もう1つが、ランドプラン・まちづくりの魅力で人気が落ちないということです。「結びのまち」では資産価値はもちろんですが、将来的にも人気が継続する・住みたいと思っていただける街を目指しています。インターロッキングの歩道や北側・西側のサークルといった街路計画、コミュニティ拠点となるクラブハウスやシンボルツリーなど魅力的な取り組みを多く盛り込んでいるので、我々も出来上がりが楽しみなまちですね。

Vol.2へ続く
つくり手が語る
「八王子みなみ野シティ 結びのまち」の
まちづくりの視点・魅力とは?

Vol.2

美しいまちなみを、つくるということ。
まちなみの美しさを、
未来につなぐということ。

これまで弊社でも「結びのまち」と同じように髙澤さん・浅川さんがまちづくりに携わったプロジェクトをお預かりして管理してきたのですが、一番の違いが「とにかくまちなみが綺麗!」という印象があります。歩いていてとても気持ちがいいので、ついついゴミを拾うのが楽しくなってしまうくらいです。まちを美しく保ちたいと思うような魅力がありますよね。
「結びのまち」の魅力は、そんなお二人に携わっていただいた美しいまちなみに加えて、景観協定が定められていることですよね。美しいまちなみが将来にわたって保たれるように、良い意味で縛りを設けているというのは大きいと思います。
そうですね。大規模分譲地というのは大体30年くらいすると建替えが始まったりするのですが、景観協定が無いと時間の経過とともにまちなみの統一感が失われていってしまいます。「結びのまち」では景観が保たれることが最低限担保されていますので、住み始めたときの気持ちよさがずっと続いていくと思います。八王子市では地区計画が細かく定められているので好き勝手に外観を変更したり、ということは元々難しいのですが、それでも美しい景観を30年後までつなげるために景観協定が必要ではないかということになりました。そして、それこそが景観協定を設ける意義なのではないでしょうか。
景観協定を説明するために、設計段階のスケッチを描きますよね?他の分譲地で長く住んでいるお客様にお会いすると、契約時に見たスケッチをそのまま保管していらっしゃる方がすごく多いんですよね。景観協定の条件をそのまま文字で読むと難しく見えるのですが、スケッチだとわかりやすいそうで。当初に事業主が描いたイメージに共感してくださって、そのイメージを守っていこうとしてくださるお客様が多いのはすごく嬉しいですよね。

お客様とそういったイメージを共有するというのは、つくり手として非常に大切ですね。そして、イメージといえばまちの顔にもなるシンボルツリーを髙澤さんと一緒に選んできたんです。実は、納得のいく木を求めて栃木県の那須まで行って来ました。

「結びのまち」のまちなみに込めた、
熱い想いと未来への願いとは。

「結びのまち」はシンボルツリーを中心にセンタープラザがあって、クラブハウスころりんがあってという街区計画になっているので、文字通りコミュニティづくりの中心となる大切な木ですよね。
シンボルツリーはモミノキなのですが、計画地に植樹されるのが12月初旬くらいを予定しているので、せっかくですから今年のうちからクリスマスツリーに仕立てられると良いですね。入居してからお住まいになる方に愛されて欲しいのはもちろんですが、販売期間のうちからお越しになった方に楽しんでいただきたいですから。
クリスマスはもちろんですが、季節をテーマにした道をつくっていたり、四季折々の風景が楽しめるのも「結びのまち」の魅力ではないですか?植栽の樹種だったり、季節を楽しむためのちょっとした仕粂田 掛けがまち中に散りばめられているんですよね。
そうですね。具体的にまちづくりの計画を詰めていく前に、まず色々なテーマを設けました。1つめが、居心地の良い出会いの「場」をつくりたいということ。出会いの場の居心地が良いと、住んでいる方はまちを好きになってくれ、好きになると大切にしてくれるだとうと。これが、今回のまちづくりの出発点でした。2つめが、出会いの「時」をつくるということ。これは、多世代の出会いや地域の交流が生まれたり、隣の病院の患者さんが散歩をして住んでいる人と交流が生まれたり、そんな大きな視点で考えました。3つめが、身近な自然を通して四季を感じるということ。例えば、花や紅葉が美しいという見た目だけではなく、子どもたちに興味を持ってほしいと思っています。「これはどんな木なんだろう?」「この木にやってきた昆虫や動物にはどんなものがいるんだろう?」と子どもたちが興味を持ち、その中でどんなことを感じるだろうかということを想像しながら、樹種や花木を配す場所を決めていきました。植栽を通じて色々な「生命」に触れられるのは、きっと子どもたちの財産になると思います。そして、最後の4つめが、まち全体として安心・安全であることです。交通・防犯・防災など様々な面から安心して暮らせるまちであることを考えています。例えば、街区内では、S字道路やサークル道路によって車両のスピードを抑制する工夫を施しています。防犯面では、防犯カメラを設けるだけでなくご近所一体となってまち全体を守っていけるようコミュニティを活性化する仕掛けを用意しました。他にもコミュニティの拠点であるクラブハウスころりんに、防災拠点としての機能も持たせるなど、ずっと安心・安全に暮らしていただくために様々な取り組みを行っています。
それに、四季を通じて美しい植栽計画というのは、子どもだけでなく大人もシニアも楽しめますからね。
例えば、大人が子どもたちに「この木は◯◯◯っていう虫が来るんだよ」と教えてあげたり。そういった植物や生命を通じた世代間コミュニケーションが生まれると、「結びのまち」はもっと素晴らしいまちになっていくんじゃないでしょうか。

Vol.3へ続く
つくり手が語る
「八王子みなみ野シティ 結びのまち」が考える
コミュニティのあり方とは?

Vol.3

コミュニティを強制するのではなく、
コミュニティを通じて
まちの楽しさを発見してもらう。

「結びのまち」の出会いの「場」をつくるという考え方を象徴するもうひとつは、まちなみライブラリーではないでしょうか。ここに暮らす方だけでなく、近隣の方にも利用・参加していただくことで、より大きなコミュニティが生まれる場所にしたいと考えています。
決して、まちとして閉鎖的なコミュニティになるのではなく、まちライブラリーなどを核にして、みなみ野エリア全体を巻き込むような開かれたコミュニティの拠点になって欲しいですよね。
八王子市にはプロジェクトサポーターとして、日本工学院八王子専門学校・東京工科大学やFARMART・畑会には事業協力としてプロジェクトに参画いただいたので、地域に暮らす方や地域の学生さんとも連携しながら、新しいコミュニティのあり方を見つけていけるのではないでしょうか。
私は、担当者としてこのプロジェクトに携わり、地域について調べていく中で、みなみ野という街がとても好きになったんですよね。この感覚というのは、きっと将来「結びのまち」にお住まいになる方も同じではないでしょうか。だからこそ、みなみ野という街が持っている魅力をなるべく早く、数多く発見していき、みなさんに発信していきたいという想いがあります。ひとつの魅力も、大きなコミュニティの入り口になると思いますので。
そうですね、私達は「結びのまち」を検討している方や将来お住まいになる方をまさに入り口までお連れすることができても、そこからどのようなコミュニティがその方にフィットするのかまではわかりません。入り口から進んで、自分にあうコミュニティや価値観を暮らしを通じて探していただくことがとても楽しいことなんだと思います。今はまさに、そのキッカケを用意しているという感覚ですよね。
そうですね、決してコミュニティのあり方を強制するのではなく、お住いになる方に能動的に発見していただくというのが大切ですね。
「結びのまち」にはしっかりとした哲学がありますので、まちを預かる立場としても非常に楽しみなプロジェクトです。まちが完成して、実際に入居がはじまってから一緒にコミュニティを育てていくという意味で、我々、管理サポートは「乳母」のような存在だと思っています。まちを育てていく過程で、髙澤先生やみなさんが込めた哲学を踏まえ、時代とともに変わるニーズも加味しながら「結びのまち」の暮らしやコミュニティづくりを導いていきたいですね。そして、居心地が良く、育てがいのあるまちづくりを主導していただいているのが住宅生産振興財団さんなので、中臺さんの想いや「結びのまち」に込めた願いも是非うかがっておきたいです。

まちで生まれた価値を地域へ還元し、
課題を解決していくまちづくり。

八王子みなみ野の周辺には、加藤さんに調査していただいたように古い住宅街が非常に多く点在しています。そういったまちは、開発から時間が経って高齢化が進んでいるという現状がある。40年前は若い家族が多く流入して、活気のあるまちだったのが、時間とともに課題を抱えるようになってしまっているのです。そんな状況の中で「結びのまち」では地域が抱える空き家対策に取り組もうとしているのですが、まず「結びのまち」でできることとして将来的に空き家を出さないまちづくりが非常に大切だと考えています。そのためには数十年後を見越して、様々な世代やライフスタイルの方が入居するスタートというのは重要ですので、そういった観点から「多世代MIX」というまちづくりが始まり、そのための仕掛けを加藤さんをはじめ、みなさんの協力をいただきながら取り組んできました。
地域住民の方や市へのヒアリングから出た、高齢化という地域課題の解決は重要なミッションでした。そんな中で、実際に八王子みなみ野のまちを歩いて古い住宅街と新しい住宅街が混在している状況を目の当たりにして、それぞれの人を循環させられれば課題の解決に近づけるのではないかと考え始めました。
また、そうした調査の中でFARMARTさんや畑会さん、日本工学院八王子専門学校さんともつながりが生まれ、様々な取り組みをご一緒できることになりました。八王子市周辺で働く方や学生さんの協力を得ながら、コミュニティを育てていく環境ができてきたのです。みなさん、自分たちの研究・仕事・取組を地域へ還元するという考え方にとても共感していただきました。

そんな新しいまちづくりの価値の象徴としてクラブハウスを計画したのですが、まちづくりの価値を見える化して愛着をより育てたいという意図もあります。そして、コミュニティのために人を「つなげる」のではなく「つながる」ための仕組みづくり、自発性を促すような仕組みづくりを行うのも意識しています。
コンサルではなく、暮らしを育む総合演出。そんなまちづくり。 従来の都市計画や開発というのは、まず土地の範囲を決めて、建物を計画して、それからどんな人に住んで欲しいかを決めていました。しかし、これからは予め枠を決めるのではなく、色々な人が魅力を感じて、自由に出入りできるまちづくりが大切ではないでしょうか。これまでは都市計画と人の生活とのバランスが矛盾していた。そんな課題意識をみなさんと共有しながら、ひとつひとつの仕掛けを精査して、実現に向けて歩んできたのが「結びのまち」です。
「結びのまち」は、ただ自由なだけでなく、哲学がしっかりしているのも重要なポイントだと思います。一戸建ての分譲地で管理組合を結成し、運営していくのはチャレンジでもあります。しかし、景観協定やまちライブラリーを維持していく上でも、住民全員参加のプラットフォームとして管理組合をつくり、まちの価値をサスティナブルなものにしていくことが、八王子市が抱える課題の解決にも寄与できるのではないでしょうか。
売って終わりではなく、事業主の責任としてまちが育っていくまで、しっかりとサポートしていきたいという想いの象徴でもありますし。
これまで全国約460か所で約2万戸の住宅を供給してきた当財団でも、クラブハウスの中にまちライブラリーを導入したのは初の取り組みです。さらに、近隣の医療機関や学校の協力をいただきながらクラブハウスで子どもから大人までが触れ合うようなセミナーやワークショップも計画しており、こんなに踏み込んだサポートが得られたプロジェクトはこれまでありませんでした。ひらかれたコミュニティを重視しながらタウンセキュリティも採用することで、コミュニティ活性化と安全性も両立していますし、一部の区画では2世帯住宅の建築も可能となっています。まさに「多世代MIX」を積極的に実現していくことで、八王子市における未来に向けたモデルケースとして進んでいきたいと思います。買い替え・住み替え・近居など様々な住み方で、「結びのまち」にたくさんの方に入ってきていただき、コミュニティをともに活性化していっていただきたいですね。

Information

【新築分譲住宅&建築条件付宅地分譲】
<第1期7次>販売区画
先着順申込受付開始!
<第1期・第1期2次・3次・4次・5次・6次>
販売区画 先着順申込受付中!
受付時間:10:00~17:00 ※火・水曜日定休(祝日を除く)

【新築分譲住宅】
モデルハウス街区<全11邸>
一斉公開!

2020.9.15
NEW49号地ご成約いただきました
2020.9.11
73号地ご成約いただきました
2020.9.8
22号地ご成約いただきました
2020.9.3
35号地ご成約いただきました
36号地お申し込みいただきました。
2020.9.1
22号地、97号地お申し込みいただきました。
2020.8.18
43号地、112号地ご成約いただきました。
2020.8.6
まちづくり憲章ページVol.3を公開しました。
2020.7.29
57号地ご成約いただきました。
2020.7.6
45号地ご成約いただきました。
98号地お申し込みいただきました。
2020.6.30
90号地ご成約いただきました。
43号地お申し込みいただきました。
2020.7.2
25号地、86号地、130号地ご成約いただきました。
2020.6.15
113号地ご成約いただきました。
2020.6.9
81号地ご成約いただきました。
113号地お申し込みいただきました。
2020.6.2
126号地ご成約いただきました。
2020.5.31
42号地、54号地ご成約いただきました。
2020.5.29
新築分譲住宅ページに実際の写真を掲載いたしました。
2020.5.29
まちづくり憲章ページVol.2を更新しました。
2020.5.26
81号地お申し込みいただきました。
2020.4.28
63号地ご成約いただきました。
2020.4.27
41号地ご成約いただきました。
2020.4.15
18号地、85号地、92号地ご成約いただきました。
2020.3.27
29号地、50号地、67号地、91号地、100号地ご成約いただきました。
18号地、54号地、85号地、92号地お申し込みいただきました。

【ご来場者様へご協力のお願い】

「八王子みなみ野シティ 結びのまち」分譲地内では各メーカー担当者に対し新型コロナウイルスの感染・拡大の防止策としてマスクの着用を推奨しております。
ご来場いただくお客様にはマスク着用の上でのご案内・ご商談をさせていただきますこと予めご了承ください。
尚、咳および風邪の症状や発熱等がある場合は、誠に恐縮ですがご来場を控えていただき、感染・拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

  • Facebook
  • Instagram